人事・労務 IDC Japan

“働き方改革IT”市場、8%成長で2021年に2兆7000億円に

IT市場規模を予測しているIDC Japanは、働き方改革の主目的である長時間労働の短縮、労働生産性の向上などの取り組みをサポートするITの市場規模を積み上げ、“働き方改革IT”市場として算出した。

 働き方改革に有効な手段であるはずのITはこれからのようだ。

 IDC Japanが12月7日に発表した“働き方改革IT”市場は2016年に1兆8210億円、2016~2021年の年平均成長率は7.9%で推移し、2021年の市場規模は2兆6622億円と予測している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1119文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan