クラウド クラウドストレージ SaaS

SaaS利用の勘所--データ損失に備える3つのヒント

「AWS re:Invent」カンファレンスで開催されたブレイクアウトセッションでは、NetAppの幹部がSaaSデータ保護の原則をいくつか説明した。

 SaaSの市場が急速に拡大している。Gartnerの予想によると、2018年までに、85%の組織が過半数のアプリでSaaSを使用するようになるという。同社は、SaaS市場が従来型ソフトウェアの5倍の速さで成長するとも予想している。

 しかし、そのことは、SaaS分野のベンダーによるデータの収集および使用方法や、企業がさまざまな問題から自社を守る方法について、いくつかの疑問を提起する。2017年の「AWS re:Invent」カンファレンスでNetAppのSpencer Sells氏は、「Is Your SaaS Covered?」(あなたのSaaSは守られているか?)と題したブレイクアウトセッションで講師を務め、SaaSデータ保護の原則をいくつか説明した。

 Sells氏によると、データは、デバイス上に保存されて、ファイアウォールによって隠されている、という状態にはもはやないという。現在のデータは分散されており、動的で多様である。そして、データの保護に対する企業のアプローチは、そうした特徴を反映したものにする必要がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1391文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan