オフィスソフト

「Outlook」で避けるべき行為--知られていないが実はよくない使い方

「Outlook」は、「Microsoft Office」に含まれる電子メールアプリケーションだが、そのパワーゆえに混乱を招く場合も多々ある。Outlookを正しい状態に保つコツをいくつか紹介する。

 「Outlook」は「Microsoft Office」ファミリーの問題児で、そのパワーゆえに混乱を招く場合も多々ある。われわれはOutlookを愛したいと思っている。すばらしい可能性を秘めているからだ。だが実際には、扱いにくいことが多く、間違いを犯してしまう。登場して何年も経つ製品ので、ほとんどの人は、大文字だけで書いてはいけないこと、スペルチェックを利用するのがいい考えであることを知っている。そこで、この記事では、読者には思いもよらないような、Outlookを正しい状態に保つコツをいくつか紹介する。

 筆者はデスクトップ版の「Outlook 2016」を使用しているが、これらのコツはそれ以前のバージョンにも応用できる。デモファイルはない。ブラウザ版には当てはまらないものもある。

1:「削除済みアイテム」フォルダーを保存場所として利用する

 「削除済みアイテム」フォルダーは、二度と読むことのないメールを入れておく場所だ。ITサポート部門がある大企業なら、おそらく知らないうちに誰かが定期的にこのフォルダーの中身を削除してくれているだろう。このフォルダーからメールを取り出そうとするのは、包装紙に包んだままうっかり捨ててしまったクリスマスプレゼントを、ゴミ収集車が回収を終えた後で取り戻そうとするようなものだ。しばらくメッセージを一時保存用のフォルダーに移動させたいなら、それもいいだろう。だが、「削除済みアイテム」フォルダーをそれに利用してはいけない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3589文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!?世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 情報セキュリティ監査人も注目、クラウド成熟期におけるセキュリティリスクを考える
  3. 【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス
  4. マンガと事例で徹底解説!VDI導入で陥りがちな罠と、ユーザー体験向上のカギとは
  5. 膨大なコストと工数--フルスクラッチでのアプリ開発の限界を軽々と乗り越えたNECの秘密

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]