SDS/ストレージ仮想化 バックアップ 日本アイ・ビー・エム

IBM Spectrum Protect:ソフトベースのデータ保護--クラウドでも運用可能

データ保護基盤「IBM Spectrum Protect」はSDSが前提。ソフトであることから仮想マシンをバックアップするとともにパブリッククラウドでも運用できる。仮想化環境専用のツールも活用できる。

IBM Spectrum Protectのポイント

  • 物理と仮想に加えて、クラウドにも対応
  • クラウドの仮想マシンに導入してオブジェクトストレージに保存可能
  • セルフサービス形式でもリストア可能

IBM Spectrum Protectの製品解説

 「IBM Spectrum Protect」(旧Tivoli Storage Manager)は、バックアップとリカバリを担うとともに管理するデータ保護基盤。x86系の汎用サーバに搭載してストレージを構築するソフトウェア制御ストレージ(SDS)のソフトウェアになる。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 オンプレミスの物理マシンに加えて仮想マシンやパブリッククラウドにも対応する。パブリッククラウドの仮想マシンに導入して、低価格のオブジェクトストレージにバックアップデータを保存するといった形態にも使える。

 vSphereとHyper-Vにある仮想化環境のデータを保護できる。単一の仮想マシンのスナップショットをデータのリカバリやテスト、開発などに使用できる。

 LinuxサーバやWindows Serverにも対応する。ポータル画面にあるセルフサービス機能でデータやサーバ、アプリケーションのオーナーはリストアできる。個々のファイルやExchangeのメールボックス、SQL Serverのデータベースなどアイテムレベルでリカバリ可能。

 ハードウェアスナップショットと統合され、アプリケーションの性能への影響を抑えながらスナップショットを高速に取れる。永久増分バックアップで追加のバックアップシステム容量のニーズを軽減する。データの重複排除で容量を有効活用できる。

 vSphere環境向けの管理ツールも用意されており、ストレージの管理者はサイト間のデータ複製や災害復旧などの機能をクラウドアプリケーションに拡張できる。

IBM Spectrum Protectのまとめ
用途と機能物理マシンや仮想マシンに加えて、パブリッククラウドにもたIoするデータ保護基盤
特徴パブリッククラウドの仮想マシンに導入して、パブリッククラウドのオブジェクトストレージにバックアップデータを保存するといった形態でも使える。ハードウェアスナップショットと統合され、アプリケーションの性能への影響を抑えながらスナップショットを高速化。永久増分バックアップで追加のバックアップシステム容量のニーズを軽減。データの重複排除で容量を有効活用
導入事例東京大学医科学研究所、イーネットソリューションズなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan