SDS/ストレージ仮想化 VMware

VMware vSAN:vSphereに組み込まれるSDS--ストレージを共有する仮想化ソフト

SDS「vSAN」は、サーバに内蔵されるHDDやSSDを抽象化してプールする。プール化されたストレージは分散型共有ストレージとして利用される。ハイパーコンバージドインフラストラクチャのストレージとして利用できる。ブロックアクセスにも対応する。

vSANのポイント

  • HCIのストレージとして利用、ブロックアクセスにも対応
  • オールフラッシュストレージのキャパシティも最適化
  • ダウンタイムなしでクラスタあたりのホスト数を2~64台に拡張

vSANの製品解説

 「VMware vSAN」は、ハイパーバイザ「VMware vSphere」で稼働する仮想マシンからアクセスする、サーバ内蔵のハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステードライブ(SSD)を抽象化してプールするソフトウェア制御ストレージ(SDS)のソフトウェア。プール化されたストレージは分散型共有ストレージとして利用される。

編集部おすすめの関連記事

 vSphereカーネルに組み込まれており、データのI/Oパスを最適化して、CPUやメモリへの影響を抑えながら、パフォーマンスを維持する。vSphereベースの仮想マシンを多数稼働させるハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)のストレージとして利用できる。ブロックアクセスにも対応する。

 サーバ内蔵のSSDをキャッシュとして利用してストレージの遅延を最小限に抑える。ソフトウェアベースの重複排除と圧縮技術でオールフラッシュのストレージのキャパシティも最適化する。CPUとメモリのオーバーヘッドを抑える。暗号化機能も組み込まれており、保存されたデータをクラスタレベルで保護する。

 ダウンタイムなしでクラスタあたりのホスト数を2~64台に拡張できる。クラスタに新しいホストを追加することでキャパシティとパフォーマンスの両方を同時にスケールアウトできる。

vSANのまとめ
用途と機能サーバ内蔵のHDDとSSDを抽象化してプール。分散型共有ストレージとして利用
特徴CPUやメモリへの影響を抑えながらパフォーマンスを維持。ソフトウェアベースの重複排除と圧縮技術でオールフラッシュのストレージのキャパシティも最適化。ソフトウェアベースの重複排除と圧縮技術でオールフラッシュのストレージのキャパシティも最適化
導入事例ダラム大学、At home、Abo Akademiなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]