セキュリティ

データ流出の発生を防ぐために--企業が取るべき5つの対策

データ流出は企業を混乱に陥れ、スタッフはストレスの多い対応に追われることになりかねない。本記事では、こうした問題を未然に防ぐための効果的な対策を紹介する。

 データ流出は、企業とそこで働く人々に壊滅的な打撃を与えることもある。セキュリティ管理がうまく機能しなかったこと、そして、今後は状況の調査と改善に注力しなければならないことを気づかされるのは、決して気持ちのいいことではない。しかし、残念なことに、脅威の拡大に伴って、それはあまりにも一般的なことになりつつある。

 人々をいっそう不安にさせるのは、データ流出、そして、その原因が人的ミスなのかどうかについての詳細が明らかになるにつれて、「非難合戦」に直面せざるを得なくなる、という概念だ。先に待ち構える大量の仕事の中で、「これを防止するために、われわれは何ができたのか」という質問が、すぐに何度も繰り返される標語になるだろう。

 幸い、他者の過ちから学習することで、その質問の答えを先に出しておくことができる。本記事では、データ流出に備えて、そうした壊滅的な被害を避けるためにやるべき5つのことを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3331文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan