SNS Sansan

SNSで「プライベートとビジネスを分けたい」8割--LINEでも仕事つながり

仕事とプライベートでSNSを分けたいユーザーは81.9%、SNSで仕事関係者と「つながりたい」「ややつながりたい」をあわせた“つながりたい派”は全体の16.4%――。Sansanの調査で明らかになっている。

 名刺アプリ「Eight」を提供するSansanが12月5日に発表した調査結果によると、仕事とプライベートでSNSを分けたいユーザーは81.9%という。SNSで仕事関係者と「つながりたい」「ややつながりたい」をあわせた“つながりたい派”は全体の16.4%となっている。

 「つながりたくない」「ややつながりたくない」と答えた52.8%の“つながりたくない派”の理由としては「プライベートとビジネスを分けたいから」「友だちに話すような内容でも口調を考えないといけないのが面倒」が多いという。

 特に「プライベートとビジネスを分けたい」という回答は547件中126件となっている。従来のSNSはプライベート用途として利用されていることと仕事関係者をプライベートの場に安易に入れたくない傾向があると同社は指摘している。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]