ファイル共有 コミュニケーション セールスフォース・ドットコム

Salesforce Quip:チームのコンテンツや議論を1カ所に集約するコラボ基盤

コラボレーション基盤「Salesforce Quip」は、文書の作成や編集、チーム作業に関する議論を1カ所で展開できる。特定のプロジェクトやチーム機能、業界向けなど最適化されたドキュメントやスプレッドシートも用意されている。

Salesforce Quipのポイント

  • コンテンツとコミュニケーションを1カ所で展開
  • Salesforceの各サービスから情報を呼び出し、情報を更新
  • ツールやアプリケーション、データを埋め込み

Salesforce Quipの製品解説

 セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Quip」は、ドキュメントやスプレッドシート、タスクリストの作成や編集が一元化されたスペースで複数人で作業できるコラボレーション基盤。コンテンツとコミュニケーションをつなげられる。

編集部おすすめの関連記事

 ドキュメントやスプレッドシートなどのコンテンツの作成や編集、チームでの作業に関連する議論を1カ所で展開できる。PCに加えてモバイル端末からもアクセスできる。相手を特定したメッセージやインラインでのコメントが可能。プッシュ通知にも対応している。チームが利用するツールやアプリケーション、データをQuip内に埋め込めるので、常に最新のコンテンツを見られる。

 Salesforceの各サービスから顧客情報や商談情報を呼び出すこともできる。情報を変更、更新するとQuipとSalesforceの各サービスの両方に反映される。

 カンバンボードやプロジェクトのカレンダー、スプレッドシート、プロセスバー、チェックリスト、アンケートなどのさまざまなアプリケーションを埋め込めるLive Appsも利用できる。Live Appsを利用することでコンテンツを中心にしたタスク管理やプロジェクト管理として活用できる。

 ワークフローのテンプレートも利用できる。ドキュメントやスプレッドシートに事前に組み込まれたもので特定のプロジェクトやチーム機能、業界向けなどが設定されている。各テンプレートには目的ごとに最適化されたレイアウトとLive Appsが用意されている。

 ビジネスとエンタープライズのプランが用意されている。エンタープライズはビジネスの機能に加えて、シングルサインオンやAPIでのカスタマイズに対応、Salesforceと統合できる。

Salesforce Quipのまとめ
用途と機能ドキュメントやスプレッドシート、タスクリストなどの作成や編集を一元化。マルチデバイス対応でどこからでもアクセスが可能に
特徴Salesforceの各サービスから情報を呼び出して更新。カンバンボードやプロジェクトのカレンダー、プロセスバー、アンケートなどのさまざまなアプリケーションを埋め込めるLive Appsも利用。特定のプロジェクトやチーム機能、業界向けなどが設定されたドキュメントやスプレッドシートも用意
税別料金ビジネス:1200円、エンタープライズ:3000円
※年間契約の1ユーザーあたりの月額

「ファイル共有」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]