ウェアラブル

世界ウェアラブル市場、第3四半期は7.3%増の2630万台--進む多機能デバイスへの移行

IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年第3四半期の出荷台数は2630万台で、前年同期の2450万台に比べ7.3%増えた。

 IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年第3四半期の出荷台数は2630万台で、前年同期の2450万台に比べ7.3%増えた。

 ウェアラブル市場の分野は、スマートウォッチ「Apple Watch」に代表される各種アプリが動かせる多機能なスマートウェアラブルと、サードパーティー製アプリ非対応の特定用途ウェアラブルデバイス(ベーシックウェアラブル)に大きく分けられる。IDCは、同市場が全体的に成長し続けているものの、スマートウェアラブルの増加、ベーシックウェアラブルの減少という傾向が見られるようになった、としている。

 IDCウェアラブルチーム調査マネージャーのRamon T. Llamas氏は、「Fitbit、Xiaomi Technology(シャオミ)、Huawei Technologies(ファーウェイ)から登場したベーシックウェアラブルが、ウェアラブル市場の形成に貢献した。しかし、好みと需要はAppleやFossil Group、サムスン電子から出たスマートウォッチのような多目的デバイスへと変わったので、ベンダーは、成長の機会をとらえ、ブランドの認知度を高められるよう変化する岐路に立たされている」と指摘した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約699文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  3. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]