タブレット NTTデータ

町田市内の公立小中学校、シンクライアントなど整備--ChromebookやLTEも活用

東京都町田市は、市内の公立小中学校でタブレットやシンクライアントを整備して教育現場のIT化を進める。「Chromebook」とLTE回線も利用する。

 東京都町田市は、市内の公立小中学校でタブレットやシンクライアントを整備して教育現場のIT化を進める。NTTデータが2校に「Chromebook」を12月4日から配付、2018年2月をめどに教職員向けシンクライアント環境を整備する。

 文部科学省が3月に公示した新学習指導要領では、2020年度からプログラミング教育が小学校で必修化させることが明らかになっている。町田市は先駆けて「町田市5カ年計画17-21」でタブレットなどを活用した効果的な授業の推進、教職員の負担軽減を目標にICTの整備を重点事業として取り組んでいる。

 同市は、(1)既存PC端末やネットワーク機器の老朽化、(2)端末管理負担の増加、(3)文科省指針「教育情報セキュリティのための緊急提言」にのっとった情報セキュリティへの対応――などを踏まえて、Chromebookやシンクライアント環境、LTE回線(NTTドコモ提供)を組みあわせて採用することを決定。NTTデータによれば、シンクライアント環境やChromebook、LTE回線を組み合わせて提供する取り組みは全国で初という。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約740文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]