人事・労務

働き方改革の課題は「新しい評価制度の整備」:JCSSA調査

働き方改革を進める際の障害として最も多かったのが「新しい働き方に沿った評価制度の整備が困難」が51.0%と突出――。日本コンピュータシステム販売店協会の調査で明らかになっている。

 日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)は12月4日、景気動向調査の結果を発表。会員各社の景況感のほかにIT業界での“働き方改革”の認識と課題を明らかにした。

 働き方改革ですでに取り組んでいるものとして「出産や育児に伴う女性の休職・復職環境の改善」が60.1%で最多。次いで「IT機器などを活用した労働生産性の向上」が53.8%、「子育てや介護と仕事の両立」が50.3%となった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1039文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan