セキュリティ

セキュリティ強化を低予算で--小規模企業のための保護対策

サイバー攻撃は経営の根幹を揺るがしかねない重大な脅威だが、小規模企業がセキュリティに多額の費用を投じるのは難しい。コストを抑えつつ効果的なサイバーセキュリティ対策を実施する方法を紹介する。

 悪意あるハッカーにとっては、スタートアップ企業も小規模企業も格好の標的だ。

 米国の小規模企業2800万社のうち、約半数がこの1年間に情報漏えいの被害に遭っている。だが、その多くはいまだに備えができていない。事業の中断につながるような攻撃を防ぐ基本的なサイバーセキュリティ保護対策には、ファイアウォール、ウイルス対策ソフトウェア、スパムフィルタ、データ暗号化ツールなどがあるが、小規模企業の約3社に1社が導入していないというのが現状だ。

 サイバーセキュリティの投資対効果は、営業や製造への投資に比べて測定が困難ではあるものの、サイバーセキュリティ侵害が起きれば、企業秘密、貴重な知的財産や情報の流出による損害で、倒産のおそれもあることを認識しておかなければならない。

 加えて、顧客の信用を失うリスクや、今後の商機を逃してしまうリスクもある。また、セキュリティ侵害が原因で顧客データが流出すれば、法的責任を問われることも考えられる。

 自分の会社は標的にならないだろうと高をくくってはならない。創業から18カ月以内のスタートアップ企業は、サイバー攻撃を非常に受けやすいからだ。

セキュリティ対策を低コストで

 サイバーセキュリティを専門とする多数のマネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)に、セキュリティ業務をアウトソーシングしている企業も多い。このような体制の難点は費用が高くつく場合があることで、特に零細企業にとっては頭の痛い問題だ。また、小規模企業のオーナーの中には、自社の業務のセキュリティを部外者の手に委ねることに不安を覚える人もいるだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2192文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]