クラウド クラウドサービス

AWSが発表したコンテナやデータベース分野の新製品--「AWS re:Invent 2017」イベント

Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月28日、多数の新製品およびサービスを発表した。これらは、コンテナ、データベース、コンピュート分野における同社の取り組みを進展させるものになっている。

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月28日、ラスベガスで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2017」において、多数の新製品およびサービスを発表した。これらは、コンテナ、データベース、コンピュート分野における同社の取り組みを進展させるものになっている。

 AWS最高経営責任者(CEO)のAndy Jassy氏が最初に発表した重要製品の1つは、「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes(EKS)」だ。EKSは、ハイブリッドクラウド互換で、自動更新およびパッチを提供するマネージド型の「Kubernetes」統合機能だ。EKSは、Amazonが最初に手がけたコンテナ管理サービス「Amazon Elastic Container Service(ECS)」の代用の役割を果たす。

 サーバやクラスタの管理を行わずにコンテナを実行したいと考えている顧客には、別の新サービス「AWS Fargate」があるとJassy氏は述べた。

 データベース関連では、Jassy氏はまず「AWS Aurora」を取り上げ、新サービス「Aurora Multi-Master」のプレビュー版を披露した。これは、複数のアベイラビリティゾーン(AZ)にまたがって読み込み、書き込み、ノードを作成するもの。Jassy氏は、Aurora Multi-Masterを使用することで、あらゆるノードからの、あるいはAZ障害によるアプリのゼロダウンタイムを可能にするほか、書き込みを高速化できると述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1555文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]