ネットワーク

実践プロトコル入門:アプリケーションプロクシはHTTPとどう連携するか

プロクシは、「ネットワークのミドルウェア」であり、リクエストとレスポンスの取り扱いについて判断するための便利なコントロールポイントになる。

 コンテナとクラスタリングの導入は、ロードバランサ、イングレスコントローラ、プロクシによる自己完結型のエコシステムのため、わかりにくいものとなりがちです。

 このわかりにくさの原因は、これらの要素が、データ交換にイベント駆動型かつメッセージ指向のプロトコル(HTTP)が使用される、よく理解されている接続オリエンテッドなフロー(TCP)に挿入されることにあります。特にイングレスを中心とし、新たに登場してきたシステムでのプロクシの使い方を理解するには、まずアプリケーションプロクシが関わった場合のリクエスト/レスポンスの基本的パターンを十分に把握することが有効です。

 レイヤ7(HTTPまたは「アプリケーションレイヤ」)で動作できるだけのスマートさを備えたプロクシでは、リソースの選択からリクエストのサービス(ロードバランシングとルーティング)やHTTPヘッダの修正まで、データパスを操作するためのさまざまな手法が可能です。これを実行するためには、プロクシがコミュニケーションを傍受し、それを検証しなければなりません。

 すなわち、レイヤ4(TCP)とレイヤ7(HTTP)の両方で動作することを意味します。また、プロクシが仲介者であることも意味します。プロクシは、「ネットワークのミドルウェア」であり、リクエスト(その対のレスポンス)の取り扱いについて判断するための便利なコントロールポイントとなります。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2593文字 ログインして続きを読んでください。

「ネットワーク」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]