ネットワーク

実践プロトコル入門:アプリケーションプロクシはHTTPとどう連携するか

プロクシは、「ネットワークのミドルウェア」であり、リクエストとレスポンスの取り扱いについて判断するための便利なコントロールポイントになる。

 コンテナとクラスタリングの導入は、ロードバランサ、イングレスコントローラ、プロクシによる自己完結型のエコシステムのため、わかりにくいものとなりがちです。

 このわかりにくさの原因は、これらの要素が、データ交換にイベント駆動型かつメッセージ指向のプロトコル(HTTP)が使用される、よく理解されている接続オリエンテッドなフロー(TCP)に挿入されることにあります。特にイングレスを中心とし、新たに登場してきたシステムでのプロクシの使い方を理解するには、まずアプリケーションプロクシが関わった場合のリクエスト/レスポンスの基本的パターンを十分に把握することが有効です。

 レイヤ7(HTTPまたは「アプリケーションレイヤ」)で動作できるだけのスマートさを備えたプロクシでは、リソースの選択からリクエストのサービス(ロードバランシングとルーティング)やHTTPヘッダの修正まで、データパスを操作するためのさまざまな手法が可能です。これを実行するためには、プロクシがコミュニケーションを傍受し、それを検証しなければなりません。

 すなわち、レイヤ4(TCP)とレイヤ7(HTTP)の両方で動作することを意味します。また、プロクシが仲介者であることも意味します。プロクシは、「ネットワークのミドルウェア」であり、リクエスト(その対のレスポンス)の取り扱いについて判断するための便利なコントロールポイントとなります。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2593文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan