PCソフト

「Firefox Quantum」の使用感--「Chrome」を置き換えるブラウザとなるか

「Firefox」のバージョン57として「Firefox Quantum」が登場した。ここでは、同ブラウザを使用した感想を紹介する。

 私はこの2年間、Mozillaの開発者たちが何かに取り組んでいることに気づいていた。彼らは、ナンバーワンブラウザの称号を取り戻すことを目指して、「Firefox」を徐々に作り直していた。それは、機能を1つずつという感じのゆっくりしたペースだった。ほとんどわからないような歩みだったが、新しいリリースのたびに、「近づいてきているな」と思わせる機能の追加や改善があった。

 そして、オープンソースのブラウザであるFirefoxのバージョン57として、「Firefox Quantum」が登場した。この新リリースで、それまでの小さな前進の積み重ねに大きな飛躍が加わったことで、私はついに、Firefoxをデフォルトのブラウザにした。

 そして、驚かされもした。

 私はとても長いこと「Chrome」を使ってきた。理由はたくさんあるが、主にスピードと同期の2つだ。Chromeは高速だし、どのChromeにログインしても自分のデータがそこにあるなど、内蔵の同期ツールもなかなか優れている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2631文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]