財務・経理

サイバーエージェントと野村證券が語る経理業務のIT化の実際

付加価値ある経理を目指すためには、ITを活用したシステム化は不可欠。その実際のところや今後について、サイバーエージェントと野村證券の責任者が語った。

 「経理にイノベーションを起こせ」をテーマに11月10日に開催されたインフォマート主催のイベント「経理ITフォーラム2017」。イベントの最後を飾ったのは「これからの経理業務の在り方~経理のIT化について~」と題したパネルディスカッションだ。

 サイバーエージェント 経営本部 経営システム室 シニアマネージャーの西村壮礼氏、野村證券 経費業務企画室長 マネージング・ディレクターの田中秀和氏、Hong Connect & Consulting(HCC)代表取締役社長の市川琢也氏の3人のパネリストとして登壇、それぞれの経理観やIT化の障壁を乗り越えるためのケーススタディやポイントを語り合った。インフォマート 取締役 経営企画本部長の中島健氏を進行役を務めた。

 これからの経理について、サイバーエージェントの西村氏は「もっと経営の羅針盤になれる。経営に対して直言ができる部門」と語った。80社ほどのグループ会社がある同社だが、システムのIT化はまだまだ十分には進んでいないと西村氏は述べる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2317文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]