財務・経理 インフォマート

紙ではムダが多い--進まない請求書業務の電子化、本格的な定着には3~5年

関係する法律が制定、改正されているが、請求書に関連する業務はあまり電子化されていない。請求書電子化を提供するベンダーの幹部は「本格的な定着には3~5年かかるだろう」との見立てを明らかにしている。

 インフォマート主催のイベント「経理ITフォーラム2017」が11月10日に開催。企業間の受発注業務などのIT基盤サービスなどを提供する同社取締役で経営企画本部長の中島健氏が「電子請求書の今とこれから」と題して、電子請求書の現在と今後の展望を語った。

 同社は1998年に設立。当初は、食品食材業界を中心に企業間取引(BtoB)システム基盤サービスを運営、提供してきた。現在、全国展開する外食チェーンのうち4割が食材の受発注業務に同社のシステム基盤サービスを導入しているという。2014年から全業界向けの電子請求書システム基盤サービスを提供している。

 同社が目指しているのは、「あらゆる企業と企業のすべての商行為が“電子化”と“標準化”された世界」。これを実現するための同社のサービスの1つが「BtoBプラットフォーム請求書」だが、中島氏はその理念を次のように語る。

 「請求書は個々に作っていれば100点だが、フォーマットはバラバラ。非競争分野は皆が80点で我慢する世界。つまり最大公約数を追求すること。これができたら莫大な無駄の削減になり、競争分野への投資につながり、それが企業力、ひいては国力の向上にもつながる」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1267文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan