運用 伊藤忠テクノソリューションズ

eAssist:ルールに基づいたPC定型作業を自動化--業務の効率化や平準化に活用

BPOサービスの「eAssist」は、RPAツールなどを活用してPCの定型的作業を代行する。ルールに基づいた定型的作業が中心。納期が決められており、繁忙期が存在する業務でも最小限の人員で対応できる。

eAssistのポイント

  • RPAツールでPCのルーティンワークを自動化
  • ルールに基づいた定型作業を代行
  • 業務の属人化を排除、効率化と平準化を図る

eAssistの製品解説

 伊藤忠テクノソリューションズの「eAssist」は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールを活用して、PCでのルーティンワークの作業を代行させるビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス。RPAツールには「UiPath」などを活用する。

編集部おすすめの関連記事

 複数のメンバーで手順書に基づいて処理するなどの定型業務を抽出し、自動化できる個所を確認、eAssistに代行させる活用範囲を決め、業務の自動化を実行する。

 多くの業務は可視化することで人の判断が必要な仕事とルールに基づく定型的な作業に分けられる。ルールに基づく定型的な作業を自動化することで業務の効率化や品質の平準化を図れる。市場調査や請求支払処理、株価などの情報更新などの業務に活用できる。

 業務の可視化が促進され、ルーティンワークと人が判断する業務に作業を分けることができ、ルールに基づいてeAssistとユーザー企業内部の人材の運用が可能となる。納期が決められており、繁忙期が存在する業務でも最小限の人員で対応できる。例えば、入力や照合といった単純な作業は夜間にeAssistに任せ、翌朝スタッフが分析するといった運用が可能になる。

eAssistのサービスイメージ(出典:CTC)
eAssistのサービスイメージ(出典:CTC)
eAssistのまとめ
用途と機能RPAツールを活用してPCでの定型的な作業を代行するBPOサービス
特徴ルールに基づく定型的な作業を自動化することで業務の効率化や品質の平準化を図る。繁閑の激しい業務や納期が決められている業務も最小限の人員で対応可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan