RPA 伊藤忠テクノソリューションズ

eAssist:ルールに基づいたPC定型作業を自動化--業務の効率化や平準化に活用

BPOサービスの「eAssist」は、RPAツールなどを活用してPCの定型的作業を代行する。ルールに基づいた定型的作業が中心。納期が決められており、繁忙期が存在する業務でも最小限の人員で対応できる。

eAssistのポイント

  • RPAツールでPCのルーティンワークを自動化
  • ルールに基づいた定型作業を代行
  • 業務の属人化を排除、効率化と平準化を図る

eAssistの製品解説

 伊藤忠テクノソリューションズの「eAssist」は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールを活用して、PCでのルーティンワークの作業を代行させるビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス。RPAツールには「UiPath」などを活用する。

編集部おすすめの関連記事

 複数のメンバーで手順書に基づいて処理するなどの定型業務を抽出し、自動化できる個所を確認、eAssistに代行させる活用範囲を決め、業務の自動化を実行する。

 多くの業務は可視化することで人の判断が必要な仕事とルールに基づく定型的な作業に分けられる。ルールに基づく定型的な作業を自動化することで業務の効率化や品質の平準化を図れる。市場調査や請求支払処理、株価などの情報更新などの業務に活用できる。

 業務の可視化が促進され、ルーティンワークと人が判断する業務に作業を分けることができ、ルールに基づいてeAssistとユーザー企業内部の人材の運用が可能となる。納期が決められており、繁忙期が存在する業務でも最小限の人員で対応できる。例えば、入力や照合といった単純な作業は夜間にeAssistに任せ、翌朝スタッフが分析するといった運用が可能になる。

eAssistのサービスイメージ(出典:CTC)
eAssistのサービスイメージ(出典:CTC)
eAssistのまとめ
用途と機能RPAツールを活用してPCでの定型的な作業を代行するBPOサービス
特徴ルールに基づく定型的な作業を自動化することで業務の効率化や品質の平準化を図る。繁閑の激しい業務や納期が決められている業務も最小限の人員で対応可能

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]