財務・経理

これからの経理は「数字を読むことが仕事」--作業はゼロベースで考える

AIの発展で「経理の仕事の99.8%が自動化できる」とされる。では、経理の仕事は全てなくなってしまうのか。だが、「これからの経理は数字を“読む”ことが重要。それが仕事としての付加価値になる」という。

 11月10日に開催された、インフォマート主催の「経理ITフォーラム2017」。「スピード経営は経理が決める!」と題して行われた講演では、税理士であるとともに経理業務などのコンサルティングを提供するHongo Connect & Consulting代表取締役社長の市川琢也氏が経理担当者のこれからの役割について語った。

 「経理の仕事のうち99.8%が自動化できると言われている」と市川氏。「経理業務のうち計算は人工知能(AI)によって失われていくだろう。経理は果たしてなくされる仕事なのだろうか?」

 この問いに対する市川氏の答えは、「これからの経理は、数字を“作る”のではなく“読む”こと。それが仕事としての付加価値になる」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1176文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan