AI・機械学習 IoT 財務・経理

次々にFinTechを手掛ける三井住友フィナンシャルを駆り立てるもの

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)がFinTechの領域でさまざまな取り組みを始めている。「技術革新の波は想像している以上に進んでおり、業務への影響はもはや予測困難な状況にある」という。

 企業間の受発注業務などのIT基盤を提供するインフォマートが主催するイベント「経理ITフォーラム2017」が11月10日に開催された。「経理にイノベーションを起こせ」がテーマに掲げられた。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)ITイノベーション推進部 オープンイノベーショングループ長の桑原敦史氏が「FinTechによって変わる企業経営」と題して講演した。

 桑原氏は「FinTechの定義は明確には定まったものではない」と語るが、自身が考える定義として「ITを駆使して提供される、利便性、効率性を備えた、新たな金融サービス」と述べ、「業界×テクノロジの波は金融に限らず、他業界でも発生している」とした。

 近年FinTechが勃興している最も大きな背景として、ITのインフラコストの低下を挙げる。「2011年に比べて、およそ1000分の1になっている」と桑原氏。その上でFinTechの現状は「実証段階から実用化、事業化へ移行している段階。クローズドな取り組みから脱却して、オープンイノベーションの取り組みが加速している」と分析する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1404文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]