AI・機械学習 大和ハウス工業

Google Homeを活用--大和ハウスがコネクテッドホームに乗り出す理由

大和ハウス工業は、コネクテッドホーム「Daiwa Connect」プロジェクト第1弾を2018年1月から始める。スマートスピーカなどを活用する。東京・渋谷の展示場でコネクテッドホームを実体験できる。

 大和ハウス工業は、スマートスピーカ「Google Home」とイッツ・コミュニケーションズの「インテリジェントホーム」を活用した、コネクテッドホーム「Daiwa Connect」プロジェクト第1弾を2018年1月から進める。東京・渋谷の展示場ではデモ展示をスタートし、コネクテッドホームを実体験できる。

 プロジェクト開始の背景として、大和ハウス工業 取締役 住宅事業全般担当常務執行役員の大友浩嗣氏は「高齢世帯の増加、空き家問題、共働き世帯の増加、自然対策への対応といった日本の住環境を取り巻く課題に対し、家を建てるにとどまらず、お客さまとつながり続けることが重要。こうした課題解決に取り組むために、Daiwa Connectというブランドを作り、IoT活用による住宅進化に取り組む」と説明した。

 2017年11月に住宅展示場でのデモ展示を開始し、年内に全国10カ所の展示場で展開。2018年1月にGoogle Homeを活用したコネクテッドホームの提案を全国で開始し、2018年上半期にはさらに進化した新しいコネクテッドホームを提案する計画だ。

 「IoT住宅が登場するのはこれからだが、コネクテッドホーム市場でトップシェアを目指す。まず当社が提供する住宅で、Daiwa Connect搭載率50%以上を目指す」(大友氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1724文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan