AI・機械学習 大和ハウス工業

Google Homeを活用--大和ハウスがコネクテッドホームに乗り出す理由

大和ハウス工業は、コネクテッドホーム「Daiwa Connect」プロジェクト第1弾を2018年1月から始める。スマートスピーカなどを活用する。東京・渋谷の展示場でコネクテッドホームを実体験できる。

 大和ハウス工業は、スマートスピーカ「Google Home」とイッツ・コミュニケーションズの「インテリジェントホーム」を活用した、コネクテッドホーム「Daiwa Connect」プロジェクト第1弾を2018年1月から進める。東京・渋谷の展示場ではデモ展示をスタートし、コネクテッドホームを実体験できる。

 プロジェクト開始の背景として、大和ハウス工業 取締役 住宅事業全般担当常務執行役員の大友浩嗣氏は「高齢世帯の増加、空き家問題、共働き世帯の増加、自然対策への対応といった日本の住環境を取り巻く課題に対し、家を建てるにとどまらず、お客さまとつながり続けることが重要。こうした課題解決に取り組むために、Daiwa Connectというブランドを作り、IoT活用による住宅進化に取り組む」と説明した。

 2017年11月に住宅展示場でのデモ展示を開始し、年内に全国10カ所の展示場で展開。2018年1月にGoogle Homeを活用したコネクテッドホームの提案を全国で開始し、2018年上半期にはさらに進化した新しいコネクテッドホームを提案する計画だ。

 「IoT住宅が登場するのはこれからだが、コネクテッドホーム市場でトップシェアを目指す。まず当社が提供する住宅で、Daiwa Connect搭載率50%以上を目指す」(大友氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1724文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]