AI・機械学習

AI分野で需要の高い6職種--そのような仕事に就くためには

一部の仕事はロボット化が進んでいるが、ロボットによって新たな仕事も生まれている。ここで、AI関連で需要の高い職種を紹介すると共に、こうした仕事に就く方法を見てみる。

 ロボットがいかに人間の仕事を奪うかについては、すでにジョークとしてよく話題にのぼっており、実際にその数値も示されている。オックスフォード大学の研究員が、今後約10年間で現在の米国における雇用の47%は自動化される可能性が高いと試算しているのだ。

 ただし良いニュースもある。Gartnerの最近のレポートによると、AIが奪うとされる180万件の仕事の中から、新興分野の仕事が2020年までに230万件誕生するという。また、最近のCapgeminiのレポートでは、AIを駆使している企業のうち83%は、この新技術が新たな仕事をすでに生み出していると答えている。

 こうした仕事が増加しているのは、技術そのものによるところが大きい。

 ForresterのアナリストであるBrandon Purcell氏は、「AIに関連したあらゆる部分で雇用の増加を今後5~10年は目にしつづけることになるだろう。このことは、AIによる自動化で仕事がなくなるのは避けられないと頻繁に報じられている状況を軽減させる一因となる」と語る。

 この分野に入ってみたいと考えている人に、特に需要の高いAI関連の6職種をここで紹介しよう。仕事検索サイトIndeedのデータを元に、各ポジションの平均給与も記載する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2238文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]