RPA

UiPath:リモートデスクトップにも対応するRPA--マウスでも構築可能

RPAツール「UiPathプラットフォーム」は、オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働。自動化したいプロセスはマウスでも構築できる。リモートデスクトップにも対応する。

UiPathプラットフォームのポイント

  • パブリッククラウドや仮想化環境でも稼働
  • 自動化したいプロセスはマウスでも構築可能
  • リモートデスクトップにも対応

UiPathプラットフォームの製品解説

 「UiPath(ユーアイパス)」は、「Studio」「Orchestrator」「Robot」で構成されるロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツール。Studioで自動化したいプロセスを定義、Robotが自動化されたプロセス、Orchestratorが運用を管理する。オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働する。

編集部おすすめの関連記事

 Studioは、自動化するプロセスをコーディングせずに視覚的に設計できる。手作業での操作を記録できるとともにワークフローをマウスのドラッグ&ドロップでも記録できる。アクションが組み込まれたテンプレートが用意されていて、テンプレートを活用することもできる。チームでの共同作業にも対応する。特定のビジネスアプリケーションにRPAを確実に適応させることも可能だ。

 Robotは、Citrixなどのリモートデスクトップにも対応する。セキュリティ上の理由からアプリケーションのリモートが必須となる場面、ビジネスプロセスを外部に委託している場合、コールセンターなどの局面でもRPAを活用できる。

 オンプレミスやパブリッククラウドで稼働するRobotはOrchestratorで一元的に管理する。単一の仮想マシン上に複数のRobotを配備したり、さまざまなビジネスユニットや拠点にいるエンドユーザーがRobotを配備したりもできる。Robotのリリース管理や遠隔操作、スケジューリング、キュー、Robotの作業負荷、カスタムロールの承認、資産の管理などもOrchestratorで担う。

UiPathプラットフォームのまとめ
用途と機能全社規模でプロセスを自動化できるRPA
特徴半年ごとのリリースサイクルで製品を提供し、競争力のある安定した自動化環境の構築をサポート

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]