RPA

UiPath:リモートデスクトップにも対応するRPA--マウスでも構築可能

RPAツール「UiPathプラットフォーム」は、オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働。自動化したいプロセスはマウスでも構築できる。リモートデスクトップにも対応する。

UiPathプラットフォームのポイント

  • パブリッククラウドや仮想化環境でも稼働
  • 自動化したいプロセスはマウスでも構築可能
  • リモートデスクトップにも対応

UiPathプラットフォームの製品解説

 「UiPath(ユーアイパス)」は、「Studio」「Orchestrator」「Robot」で構成されるロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツール。Studioで自動化したいプロセスを定義、Robotが自動化されたプロセス、Orchestratorが運用を管理する。オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働する。

編集部おすすめの関連記事

 Studioは、自動化するプロセスをコーディングせずに視覚的に設計できる。手作業での操作を記録できるとともにワークフローをマウスのドラッグ&ドロップでも記録できる。アクションが組み込まれたテンプレートが用意されていて、テンプレートを活用することもできる。チームでの共同作業にも対応する。特定のビジネスアプリケーションにRPAを確実に適応させることも可能だ。

 Robotは、Citrixなどのリモートデスクトップにも対応する。セキュリティ上の理由からアプリケーションのリモートが必須となる場面、ビジネスプロセスを外部に委託している場合、コールセンターなどの局面でもRPAを活用できる。

 オンプレミスやパブリッククラウドで稼働するRobotはOrchestratorで一元的に管理する。単一の仮想マシン上に複数のRobotを配備したり、さまざまなビジネスユニットや拠点にいるエンドユーザーがRobotを配備したりもできる。Robotのリリース管理や遠隔操作、スケジューリング、キュー、Robotの作業負荷、カスタムロールの承認、資産の管理などもOrchestratorで担う。

UiPathプラットフォームのまとめ
用途と機能全社規模でプロセスを自動化できるRPA
特徴半年ごとのリリースサイクルで製品を提供し、競争力のある安定した自動化環境の構築をサポート

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]