RPA

UiPath:リモートデスクトップにも対応するRPA--マウスでも構築可能

RPAツール「UiPathプラットフォーム」は、オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働。自動化したいプロセスはマウスでも構築できる。リモートデスクトップにも対応する。

UiPathプラットフォームのポイント

  • パブリッククラウドや仮想化環境でも稼働
  • 自動化したいプロセスはマウスでも構築可能
  • リモートデスクトップにも対応

UiPathプラットフォームの製品解説

 「UiPath(ユーアイパス)」は、「Studio」「Orchestrator」「Robot」で構成されるロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツール。Studioで自動化したいプロセスを定義、Robotが自動化されたプロセス、Orchestratorが運用を管理する。オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働する。

編集部おすすめの関連記事

 Studioは、自動化するプロセスをコーディングせずに視覚的に設計できる。手作業での操作を記録できるとともにワークフローをマウスのドラッグ&ドロップでも記録できる。アクションが組み込まれたテンプレートが用意されていて、テンプレートを活用することもできる。チームでの共同作業にも対応する。特定のビジネスアプリケーションにRPAを確実に適応させることも可能だ。

 Robotは、Citrixなどのリモートデスクトップにも対応する。セキュリティ上の理由からアプリケーションのリモートが必須となる場面、ビジネスプロセスを外部に委託している場合、コールセンターなどの局面でもRPAを活用できる。

 オンプレミスやパブリッククラウドで稼働するRobotはOrchestratorで一元的に管理する。単一の仮想マシン上に複数のRobotを配備したり、さまざまなビジネスユニットや拠点にいるエンドユーザーがRobotを配備したりもできる。Robotのリリース管理や遠隔操作、スケジューリング、キュー、Robotの作業負荷、カスタムロールの承認、資産の管理などもOrchestratorで担う。

UiPathプラットフォームのまとめ
用途と機能全社規模でプロセスを自動化できるRPA
特徴半年ごとのリリースサイクルで製品を提供し、競争力のある安定した自動化環境の構築をサポート

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]