運用

UiPath:リモートデスクトップにも対応するRPA--マウスでも構築可能

RPAツール「UiPathプラットフォーム」は、オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働。自動化したいプロセスはマウスでも構築できる。リモートデスクトップにも対応する。

UiPathプラットフォームのポイント

  • パブリッククラウドや仮想化環境でも稼働
  • 自動化したいプロセスはマウスでも構築可能
  • リモートデスクトップにも対応

UiPathプラットフォームの製品解説

 「UiPath(ユーアイパス)」は、「Studio」「Orchestrator」「Robot」で構成されるロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツール。Studioで自動化したいプロセスを定義、Robotが自動化されたプロセス、Orchestratorが運用を管理する。オンプレミスはもちろんパブリッククラウドでも稼働する。

編集部おすすめの関連記事

 Studioは、自動化するプロセスをコーディングせずに視覚的に設計できる。手作業での操作を記録できるとともにワークフローをマウスのドラッグ&ドロップでも記録できる。アクションが組み込まれたテンプレートが用意されていて、テンプレートを活用することもできる。チームでの共同作業にも対応する。特定のビジネスアプリケーションにRPAを確実に適応させることも可能だ。

 Robotは、Citrixなどのリモートデスクトップにも対応する。セキュリティ上の理由からアプリケーションのリモートが必須となる場面、ビジネスプロセスを外部に委託している場合、コールセンターなどの局面でもRPAを活用できる。

 オンプレミスやパブリッククラウドで稼働するRobotはOrchestratorで一元的に管理する。単一の仮想マシン上に複数のRobotを配備したり、さまざまなビジネスユニットや拠点にいるエンドユーザーがRobotを配備したりもできる。Robotのリリース管理や遠隔操作、スケジューリング、キュー、Robotの作業負荷、カスタムロールの承認、資産の管理などもOrchestratorで担う。

UiPathプラットフォームのまとめ
用途と機能全社規模でプロセスを自動化できるRPA
特徴半年ごとのリリースサイクルで製品を提供し、競争力のある安定した自動化環境の構築をサポート

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan