勤怠管理・労務管理 給与計算 マイナンバー freee

人事労務 freee:労務や勤怠、給与などの業務を一元化できるクラウドサービス

クラウドサービス「人事労務 freee」は、労務管理や勤怠管理、給与計算、給与明細作成、年末調整の計算などの業務を一元化できる。

人事労務 freeeのポイント

  • 入社する従業員がオンラインで自ら必要な情報を入力
  • 保険や給与、振り込みに必要なマイナンバーなどの情報を収集
  • 給与計算や社会保険、年末調整などに必要な情報は共通データベースで対応

人事労務 freeeの製品解説

 freeeの「人事労務 freee」は、幅広い労務管理業務を漏れなく、正しく進められる体制を構築できる人事労務管理サービス。勤怠管理による勤務・残業時間の把握から入退社手続きまで、多岐に渡る労務管理の業務を確実にし、はじめての人でも何をすべきか把握しながら、効率的な形で業務を実行できる。

編集部おすすめの関連記事

 入社手続き依頼をメールで受け取った従業員がオンライン上で入社手続きを進める。保険手続きや給与計算、給与振り込みに必要な情報をまとめて収集でき、入社前や遠方の従業員も手続きできる。扶養家族の情報や基礎年金番号、雇用保険の被保険者番号など保険手続きに必要な情報から住所や振込口座などの情報も収集する。

 マイナンバーを収集後、源泉徴収票や給与支払報告書への反映、操作ログ保存も自動で進めることができる。収集された情報は、社会保険や雇用保険の加入手続きに必要な書類に自動で転記される。同日入社した人の分は、提出先ごとにまとめて出力でき、提出準備を効率的に進められる。

 扶養家族の増減や住所変更などは、従業員アカウントから変更可能。人事情報は月ごとの履歴が残り、履歴も管理できる。退職時の保険手続きに必要な書類や源泉徴収票も作成できる。

 従業員ごとの専用アカウントから出退勤時間を入力すると、時間外労働や深夜労働を自動で集計する。登録された勤怠データから残業代と有給休暇を反映して自動で計算される。出退勤はタイムレコーダで打刻できる。打刻時刻は理由を付けて変更できる。

 給与計算や社会保険の加入、年末調整といった共通で使用する情報は同サービスがデータベースとなり入力作業を1回で済む。法令や税制改正には自動で対応、正しい給与計算・労務管理のための情報収集コストを減らすことができる。

 従業員のマイナンバー管理や給与明細の配布などの業務をシンプルにしながら、最新セキュリティ技術と高水準のシステム運用体制で企業の大切な情報を保護する。これらの特長により、定型的な業務を効率化し、就業規則の改定や目標管理・評価制度の設計など非定型業務に集中することができる。

 給与計算を中心とした「ライトプラン」、より幅広い人事労務を一元化した「ビジネスプラン」がある。ライトプランは年間プラン選択で税別月額1980円、従業員4人以上は1人あたり月額300円が追加される。ビジネスプランは問い合わせが必要。

人事労務 freeeのまとめ
用途と機能入社手続きから雇用保険手続きなどの労務管理、勤怠管理、給与計算などの業務を一元化
特徴連動する数値や情報を繰り返し入力せず、転記ミスを激減。最新の法令や税制にも対応する
税別料金ライトプランは年間プランで月額1980円~

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan