運用 TIS

横河電機、RPAで作業時間85%を短縮--業務標準化の一環、グローバルにも展開

横河電機は、中期経営計画で業務を標準化して生産性向上や高付加価値業務へのシフトが必須として、具体的施策としてRPAの導入を決定。7月から本番稼働させており、作業時間を85%短縮させている。

 1915年創立の横河電機は計測機器事業がメインだった。現在は、各種プラントの生産設備を制御、監視するなどの制御事業が大きな柱であり、同事業の売上高比率は88.9%。

 2017年3月期の連結売上高は3914億円。うち海外での売上高は2635億円、海外比率は67.3%。80カ国で事業を展開、世界のサービス拠点は230。国内の生産拠点は4、海外の生産拠点は14。海外での開発拠点は、シンガポールやインド、中国、アメリカ、イギリス、オランダ、ドイツの7カ所。名実ともにグローバル企業となっている。連結の従業員数は1万8372人。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約891文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan