RPA TIS

横河電機、RPAで作業時間85%を短縮--業務標準化の一環、グローバルにも展開

横河電機は、中期経営計画で業務を標準化して生産性向上や高付加価値業務へのシフトが必須として、具体的施策としてRPAの導入を決定。7月から本番稼働させており、作業時間を85%短縮させている。

 1915年創立の横河電機は計測機器事業がメインだった。現在は、各種プラントの生産設備を制御、監視するなどの制御事業が大きな柱であり、同事業の売上高比率は88.9%。

 2017年3月期の連結売上高は3914億円。うち海外での売上高は2635億円、海外比率は67.3%。80カ国で事業を展開、世界のサービス拠点は230。国内の生産拠点は4、海外の生産拠点は14。海外での開発拠点は、シンガポールやインド、中国、アメリカ、イギリス、オランダ、ドイツの7カ所。名実ともにグローバル企業となっている。連結の従業員数は1万8372人。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約891文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]