セキュリティ

サイバーセキュリティ投資で企業がやりがちな5つの間違い(そして、その対処法)

情報システムセキュリティ協会(ISSA)とエンタープライズ戦略グループ(ESG)が発表した最新のレポートには、サイバーセキュリティ投資に関して企業やITリーダーが最もよくやりがちな5つの間違いとその対処法が紹介されている。ここでは、それらについて解説する。

 情報システムセキュリティ協会(ISSA)とエンタープライズ戦略グループ(ESG)が米国時間11月8日に発表した最新のレポートによると、リスクが増大しているにもかかわらず、サイバーセキュリティプロフェッショナルは依然として自らのチームの人員数とスキルが十分ではないと感じているという。

 調査に回答した343人のサイバーセキュリティプロフェッショナルの約70%は、セキュリティスキルの不足が自らの組織に影響を及ぼしていると述べた。さらに、同レポートによると、半分近く(45%)の回答者は自らの組織がこの2年間に少なくとも1つのセキュリティイベントを経験したと述べたという。

 セキュリティ侵害を招く要因に関して、これらのプロフェッショナルは非技術系の従業員に対する妥当なトレーニングの不足(31%)や、十分な能力を持つサイバーセキュリティスタッフの不足(22%)、サイバーセキュリティの優先度を低く設定する企業の経営幹部陣(20%)を最大の問題に挙げた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2013文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  2. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  3. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  4. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  5. モノのサービス化を支える! ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルを上昇気流に乗せたSPM

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]