ファイル共有 ネオジャパン

desknet’s DAX:大容量を安全にやり取りできるファイル送受信システム

ファイル送受信システム「desknet’s DAX」ウェブとメール環境だけで送受信が可能。有効期限付きのランダムURLを生成、通信内容も暗号化。ダウンロードのパスワードやダウンロードの回数制限などを設定できる。

desknet's DAXのポイント

  • メールとウェブの環境だけで簡単にファイルをやり取りできる
  • ダウンロードURLは送受信の都度、有効期限付きのランダム
  • ディスク容量制限やファイルサイズの上限などが設定可能

desknet's DAXの製品解説

 ネオジャパンの「desknet's DAX」は、大容量のファイルを安全にやり取りすることができるファイル送受信システムだ。双方にウェブとメールを利用できる環境があれば、誰とでも簡単にファイルを送受信できる。

編集部おすすめの関連記事

 CD-RやUSBメモリなどのメディアを郵送する場合より時間とコストを削減でき、紛失リスクや保管と破棄の手間もかからない。メールボックスの容量制限などでメールに添付して送信できない大容量ファイルでも送受信できる。

 ファイルの送信時は、メールを作成してファイルをアップロードする。Internet Explorerでは、複数のファイルをドラッグ&ドロップで一括アップロードできる。相手側に届くメールには、ダウンロードURLが自動的に付加され、このURLをクリックすることでファイルをダウンロードできる。メールを送信し、ファイルのアップロードをリクエストすることも可能だ。

 ダウンロードURLは、送受信の都度、有効期限付きのランダムなものが生成されるほか、すべての通信内容はサーバ証明書を用いたHTTPSで暗号化される。また、ダウンロードのパスワードやダウンロードの回数制限などを設定可能で、万一URLが漏洩した場合でも安全性が確保される。

 相手側にはパスワードを難読画像化して添付することも可能で、パスワードが記載されたメールが引用され続けることも防止できるなど、機密データを安全に送受信できる機能が複数搭載されている。

 内部統制に関する機能も備えており、管理者は1ユーザーあたりのディスク容量制限やファイルサイズの上限、送信禁止ドメインなどを設定できる。どの相手が、いつ、どこから、何をアップロードしたかなどの詳細な履歴が記録されるため、管理者がすべての利用内容を監査することが可能になっている。

desknet's DAXのまとめ
用途と機能大容量ファイルを安全に送受信できるファイル送受信システム
特徴メールとウェブ環境だけで、メールに添付できない大容量ファイルの送受信が可能。有効期限付きのランダムURLの生成や通信内容の暗号化など情報漏洩対策機能を複数搭載し、利用内容の監査など内部統制にも対応
税別価格10ユーザー:5万9800円、20ユーザー:11万9600円、ほか
導入企業伊藤忠テクノソリューションズ、JTB情報システムなど

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan