人事・労務 経費精算・旅費精算

首都圏通勤:平均58.8分、乗換1.1回--最多はスマホでニュースチェック

首都圏の平均通勤時間は58.8分で平均乗換回数は1.1回、7割以上が「スマートフォンを操作」――。実態調査で明らかになっている。

 11月20日に発表された“通勤時間と決済”をテーマにした調査結果によると、首都圏の平均通勤時間は58.8分で平均乗換回数は1.1回だという。通勤時間のうち座っているのが16.7分、立っているのが22.9分、空いているのは19.2分となっている。

 通勤時間の過ごし方を見ると、1位は「スマートフォンを操作」で72.0%、2位は「考え事をしている」で35.6%、3位が「寝ている」で32.6%となっている。このうちスマートフォンで何をしているのかを聞くと、1位が「ニュースサイトのチェック」で70.0%、2位が「SNSのチェック」で66.8%、3位が「ネットサーフィン」で32.5%という結果。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約930文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan