人事・労務

スキルアップへの取り組み、日本は最低レベル--支援体制薄く、実施率低く

日本を含む33の国と地域を対象にした労働者のスキルアップへの取り組みを調査したところ、日本の場合、グローバルと比較して雇用側の支援体制や労働者側の実施率などが極端に低いという。

 スキルアップへの取り組み、日本は最低レベル――。人材サービスのランスタッドが11月17日に発表した労働者意識調査「Randstad Workmonitor」で明らかになった。

 日本を含む33の国と地域を対象に調査している。今回の調査では、スキルアップについてグローバルと比較して雇用側の支援体制や労働者側の実施率などが極端に低いことが分かったと説明している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約711文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan