開発ツール

関数型言語で探る未来のプログラミングの姿

Haskellをはじめとする関数型プログラミング言語は、プログラマーが新たなアイデアを試すことができる場だという。

 今後主流となるプログラミング言語の機能が何か気になるのであれば、関数型プログラミング言語の現状を捉えてみてはどうだろうか。

 こう話すのは、Microsoftの主席研究員であり、長年に渡りずっと人気を保っている純粋な関数型プログラミング言語「Haskell」の主要コントリビューターでもあるSimon Peyton Jones氏だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2418文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan