セキュリティ

「Google Prompt」を使うには--「はい/いいえ」を答えるだけのカンタン2段階認証

「Googleアカウント」を保護する2段階認証(2SV)の手段として「Google Prompt」が使用可能だ。ここでは、Google Promptの設定方法を解説する。

 読者の皆さんもご存じかもしれないが、電子メールアドレスとパスワードを入力した後、もう1つ手順を追加することで、Googleアカウントを保護することができる。2段階認証(2SV)には、SMSや「Google Prompt」、オーセンティケータアプリ、セキュリティキーを使用することが可能だ。

 2017年10月、デフォルトの2SV方法がSMSからGoogle Promptに変更された。以前だと、2段階認証を有効にしたユーザーは、SMS経由で6桁のコードを受信していた。現在では、2段階認証を有効にするとき、ユーザーは「Android」デバイスや「iOS」デバイスでGoogle Promptを使用するよう促される。

 Googleのプロダクトマネージャーを務めるRodrigo Paiva氏は電子メールで、「よりよいユーザー体験を提供するため、われわれはGoogle Promptをデフォルトの2SV方法にした」と述べた。

Googleアカウントで2段階認証をセットアップする際、Google Promptを選ぶことができる。Google Promptでは、スマートフォンをタップして、ログインを認証することが可能だ。
Googleアカウントで2段階認証をセットアップする際、Google Promptを選ぶことができる。Google Promptでは、スマートフォンをタップして、ログインを認証することが可能だ。

Google Prompt

 ユーザーがサイト上でGoogleアカウントとパスワードを入力すると、Google Promptはスマートフォン上で「はい」か「いいえ」のいずれかをタップするよう求める。これは速くて簡単だ。自分がその直前にログインを試みた場合は、デバイス上で「はい」をタップして、次に進めばいい。それ以外の場合は、「いいえ」をタップする。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2704文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan