マーケティング

メール商人:メールマーケティング施策に必要な機能を搭載する配信サービス

クラウド型メール配信サービス「メール商人」は、ステップメールやHTMLメール、ターゲティングメールなどメールマーケティングに必要な機能を搭載。入力フォームでの離脱を回避する機能も利用できる。

メール商人のポイント

  • 顧客ごとのパーソナライズメールやステップメールに対応
  • 見込客を獲得するための入力フォームで離脱を回避する機能も搭載
  • 開封率や挿入されたランディングページのクリック率など効果も測定可能

メール商人の製品解説

 イー・エム・ズィーの「メール商人」は、日時指定や任意に抽出したグループへの配信、本文内へのテキスト挿入などのメール配信の基本機能はもちろん、ステップメールや入力フォームにも対応する、クラウド型のメール配信サービス。

編集部おすすめの関連記事

 ステップメールでは登録日を起点とした任意のタイミングで配信できるだけでなく、カート機能と連動させて購入商品にマッチした内容のメール配信も可能。目的にあわせて、アドレスや配信者名を任意に差し替えられる。例えば、新商品の案内であれば、配信者を“営業部”にしたり、商品サポート情報であれば“サポート部”に差し替えたりして配信できる。

 見込客などを獲得するための入力フォームはラジオボタン、チェックボックスなどをはじめ、さまざまな入力形式に対応。設問も最大60項目まで指定できる。入力途中で離脱を回避するための入力フォーム最適化(Entry Form Optimization:EFO)機能も利用できる。フォームに情報が入力された自動的にチェックマークが入ったり、不適切な入力を稽古したりなど、顧客の入力をサポートする。

 配信したメールの効果も測定できる。開封率や挿入されたランディングページのクリック率、クリック数、成約率などの指標を測定する。この機能を活用して、特定の記事や商品提案に反応したリストをグループ化、グループにマッチした内容のターゲティングメールも配信できる。蓄積された登録情報をもとに、氏名や会社名、住所などの取得データを挿入したパーソナライズメールも配信できる。

 料金体系は登録できるメールアドレスの数で異なる。1000件までの「1000プラン」、2000件までの「2000プラン」、3000件までの「3000プラン」がある。

メール商人のまとめ
用途と機能メールマーケティングに必要な機能を利用できるメール配信サービス
特徴パーソナライズしたメールや登録日を起点にしたステップメールを配信可能。目的にあわせてアドレスや配信者名を差し替え。見込客を獲得するための入力フォームはさまざまなものを用意。入力フォーム最適化機能も搭載。メールの効果も測定できる
税別料金初期設定費用:5000円
月額利用料金:1000プラン=3800円、2000プラン=7000円、3000プラン=1万円
導入企業ココマッチー、シャレコ、パールプリュスなど

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan