人事・労務

一番疲れを感じるのは「10~12月」4割、体調を崩すのは「年末年始」が最多

師走が近付きつつあるが、仕事はもちろん、忘年会やクリスマスなどの行事で忙しくなってしまう。日本のビジネスパーソンの疲労をテーマにした調査の結果が発表された。

 1年で一番疲労を感じる時期は10~12月――。11月16日に発表された調査で明らかになった。

 一番疲労を感じるとして10~12月を挙げたのは38.3%。以下、7~9月が25.4%、1~3月が22.8%、4~6月が13.5%となっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約873文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan