人事・労務

一番疲れを感じるのは「10~12月」4割、体調を崩すのは「年末年始」が最多

師走が近付きつつあるが、仕事はもちろん、忘年会やクリスマスなどの行事で忙しくなってしまう。日本のビジネスパーソンの疲労をテーマにした調査の結果が発表された。

 1年で一番疲労を感じる時期は10~12月――。11月16日に発表された調査で明らかになった。

 一番疲労を感じるとして10~12月を挙げたのは38.3%。以下、7~9月が25.4%、1~3月が22.8%、4~6月が13.5%となっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約873文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan