開発ツール 開発支援

開発者の作業を効率的に--MS「Connect(); 2017」で登場した開発ツール

マイクロソフトは米国時間11月15日、さまざまなツール群を発表した。それらは、開発に伴う面倒で時間のかかる作業を自動化するとともに、リモートでの作業をより容易にするものだ。

 Microsoftの「Connect(); 2017」カンファレンスで大いに注目されたのは、開発者の生産性向上に向けた新たな取り組みだ。

 Microsoftは米国時間11月15日、同イベントのオープニングでさまざまなツール群を発表した。それらは、開発者の生活の質を改善し、開発に伴う面倒で時間のかかる作業を自動化するとともに、リモートでの作業をより容易にするものだ。

 Microsoftのコミュニケーション担当コーポレートバイスプレジデントであるFrank Shaw氏は、イベントの開幕に先立ち、「開発者はMicrosoftの中核だ。われわれは、開発者をあらゆる取り組みの中心に据え、組織や業界全体にわたってデジタルトランスフォーメーションを推進するアプリケーションを開発する上で彼らが果たす役割を強く認識している」と述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1109文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]