開発ツール 開発支援

開発者の作業を効率的に--MS「Connect(); 2017」で登場した開発ツール

マイクロソフトは米国時間11月15日、さまざまなツール群を発表した。それらは、開発に伴う面倒で時間のかかる作業を自動化するとともに、リモートでの作業をより容易にするものだ。

 Microsoftの「Connect(); 2017」カンファレンスで大いに注目されたのは、開発者の生産性向上に向けた新たな取り組みだ。

 Microsoftは米国時間11月15日、同イベントのオープニングでさまざまなツール群を発表した。それらは、開発者の生活の質を改善し、開発に伴う面倒で時間のかかる作業を自動化するとともに、リモートでの作業をより容易にするものだ。

 Microsoftのコミュニケーション担当コーポレートバイスプレジデントであるFrank Shaw氏は、イベントの開幕に先立ち、「開発者はMicrosoftの中核だ。われわれは、開発者をあらゆる取り組みの中心に据え、組織や業界全体にわたってデジタルトランスフォーメーションを推進するアプリケーションを開発する上で彼らが果たす役割を強く認識している」と述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1109文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan