見積管理 セールスフォース・ドットコム

Salesforce CPQ:見積もりをシステム化して成約までの時間を短縮

「Salesforce CPQ」は、製品やサービスを営業する時の見積もりや契約書などのプロセスをシステム化できるサービス。価格設定や値引きなどを合理的に決められる。契約更新時にもプロセスを自動化できる。

Salesforce CPQのポイント

  • ビジネスのルールとロジックに基づいて製品とサービスを構成
  • 数量割引やサブスクリプションの割合、チャネル価格などを設定可能
  • 見積もりが作成されるとパイプラインと予測が自動的に更新

Salesforce CPQの製品解説

 「Salesforce CPQ」は、見積書や契約書をすばやく作成、送付できるサービス。速やかな商談成約をサポートする。CPQは製品やサービスの組みあわせ(Configure)、価格設定(Price)、見積もり(Quote)を支援するもの。売上予測の精度を上げられる。

編集部おすすめの関連記事

 適切な項目だけを見積もりに確実に記載できるため、製品に関する重要な項目を忘れて見積もりを送り直すことがなくなる。価格設定のオプションとして数量割引やサブスクリプションのパーセンテージ、事前交渉による契約価格、チャネル価格やパートナー価格などを設定できる。

 見積もりが作成されると、パイプラインと予測が自動的に更新される。フォローアップが必要な見積もりや期限切れの見積もりが可視化されることで成約率を高められる。

 契約更新の時期が来ると、以前成約した有効な見積もりをもとに新しい見積もりを自動的に作成。もともとの見積もりと契約更新の商談は全て保存されていることから、契約更新のリマインダーを設定する必要がない。

 製品やサービスの組み合わせは顧客ごと、取引ごとに最適化できる。営業担当者は見積もりの作成と編集、数量の変更、割引の追加を操作する。

 販売サポートの機能を利用すれば、新しい営業担当者でも必要な情報を素早く手に入れられる。複雑な価格設定や製品のシナリオを掘り起こす必要がない。商品の選択を簡略化し、見積もりを作成する時間を抑えられる。

 提案書や契約書は、企業名やサービス名が入ったものにカスタマイズできる。WordやPDFの形式で作成可能。ほかの電子署名アプリケーションとも統合できる。

 複数チャネルの販売と高度なワークフローに対応するプラン「CPQ+」も提供されている。

Salesforce CPQのまとめ
用途と機能見積書や契約書の作成、送付をシステム化
特徴見積書の作成をシステム化、価格設定のオプションも可能。契約更新時も自動的に作成。契約書などは企業名が入ったものにカスタマイズ可能。見積もりが作成されるとパイプラインと売上予測が自動的に更新
税別料金1ユーザーあたりの月額料金(年間契約)
CPQ:9000円
CPQ+:1万8000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan