AI・機械学習

「Amazon Alexa」入門--スマートホームとの連携が進む音声アシスタント

「Amazon Alexa」は、音声で制御するアマゾンのデジタルアシスタントだ。2020年には、不動産管理者向けの「Alexa for Residential」など、スマートホームと連携する機能が強化された(2017年11月16日公開、2020年10月8日更新)。

 最初に誕生したのはコンピューターだ。その後、ネットワークが登場し、同じ場所にある複数のデバイス間で情報を共有することが可能になった。そこからインターネットが進化し、人類は要望を入力するだけで情報を保存、分類、および検索できるようになった。

 コンピューティング分野において、デジタルアシスタントが次の革命になることをあらゆる兆候が示している。「iPhone」には「Siri」があり、Googleには「Google Assistant」がある。Microsoftには「Cortana」、Amazonには「Amazon Alexa」がある。そして、これらのデジタルアシスタントは皆、ユーザーが音声コマンドを発するだけで、結果を返してくれる。

 Alexaはここ数年、デジタルアシスタント分野で優位に立っており、短期間のうちに誰もが名前を知る製品となった。Amazonはデジタルアシスタントの覇権争いにおいて早い時期に地盤を固めたが、Alexaやその競合製品を使っていない人は、具体的にどんなものなのかまだ理解していないかもしれない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約9033文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]