AI・機械学習 ヤフー

ヤフー、機械学習技術「AnnexML」公開--ECなどでのパーソナライズの精度向上

ヤフーは機械学習技術「AnnexML」をオープンソースとして公開した。ECや広告のパーソナライズで精度向上に有効と考え、サービスへの応用を検討している。

 ヤフーは機械学習技術「AnnexML」を開発、11月15日からオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。数十万の選択肢から適切な解を高精度に予測できるという。

 AnnexMLは、Yahoo! Japanでのユーザーのサービス利用情報などのデータと、そのユーザーがクリックした広告などの数十万の選択肢の組み合わせを効率的に学習し、サービス利用情報のあるユーザーに対して、どの広告がクリックされやすいかといった有力な候補を素早く高精度に予測すると説明する。ECや広告のパーソナライズでAnnexMLが精度向上に有効と考え、サービスへの応用を検討している。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan