その他セキュリティ PFU

iNetSec Inspection Center:脆弱性を検査してパッチ未適用の端末を遮断

検疫ソフト「iNetSec Inspection Center」は、ネットワークの利用者承認やPC、スマートデバイスの脆弱性を検査し、パッチ未適用の端末を遮断、是正する。

iNetSec Inspection Centerのポイント

  • ネットワーク接続する前に端末の脆弱性を検査
  • Windowsのセキュリティパッチやウイルス対策ソフトの定義などを検査
  • Mac OSやLinuxに加えて、AndroidやiOSも一元管理

iNetSec Inspection Centerの製品解説

 PFUの「iNetSec Inspection Center」は、PCやスマートデバイスがネットワーク接続する前に端末の脆弱性を検査、脆弱性がある端末は最新パッチを適用するまでネットワーク接続を許可しないため、情報漏えいなどのセキュリティリスクを低減させられる。

編集部おすすめの関連記事

 検査する主な項目は、Windowsセキュリティパッチの適用状況、ウイルス対策ソフトのパターンファイルアップデート状況、Microsoft Officeのセキュリティパッチ適用状況、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Javaのパッチ適用状況などとなる。

 アプリケーションの脆弱性に関しても別途、検疫辞書配付サービスを提供する。アプリケーションパッチの公開状況の監視、パッチ適用有無の検査方法確認と実機検証などの作業を運用管理者がする必要がない。

 また、WindowsだけでなくMac OSやLinux、AndroidやiOSも一元管理する。多様なネットワーク構成に柔軟に対応し、固定IP環境/DHCP環境を問わず適用可能。ネットワーク環境や運用状況にあわせた最適な検疫ネットワークシステムが構築できる。

iNetSec Inspection Centerのまとめ
用途と機能パッチの未適用機器を早期に発見、標的型攻撃にも対応可能な検疫ソフト
特徴Windowsセキュリティパッチの適用状況、ウイルス対策ソフトのパターンファイルアップデート状況、Microsoft Officeのセキュリティパッチ適用状況、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Javaのパッチ適用状況などを検査する
導入企業シーイーシー、東海大学 高輪キャンパス、日本ユニシスなど

「その他セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]