その他セキュリティ PFU

iNetSec Inspection Center:脆弱性を検査してパッチ未適用の端末を遮断

検疫ソフト「iNetSec Inspection Center」は、ネットワークの利用者承認やPC、スマートデバイスの脆弱性を検査し、パッチ未適用の端末を遮断、是正する。

iNetSec Inspection Centerのポイント

  • ネットワーク接続する前に端末の脆弱性を検査
  • Windowsのセキュリティパッチやウイルス対策ソフトの定義などを検査
  • Mac OSやLinuxに加えて、AndroidやiOSも一元管理

iNetSec Inspection Centerの製品解説

 PFUの「iNetSec Inspection Center」は、PCやスマートデバイスがネットワーク接続する前に端末の脆弱性を検査、脆弱性がある端末は最新パッチを適用するまでネットワーク接続を許可しないため、情報漏えいなどのセキュリティリスクを低減させられる。

編集部おすすめの関連記事

 検査する主な項目は、Windowsセキュリティパッチの適用状況、ウイルス対策ソフトのパターンファイルアップデート状況、Microsoft Officeのセキュリティパッチ適用状況、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Javaのパッチ適用状況などとなる。

 アプリケーションの脆弱性に関しても別途、検疫辞書配付サービスを提供する。アプリケーションパッチの公開状況の監視、パッチ適用有無の検査方法確認と実機検証などの作業を運用管理者がする必要がない。

 また、WindowsだけでなくMac OSやLinux、AndroidやiOSも一元管理する。多様なネットワーク構成に柔軟に対応し、固定IP環境/DHCP環境を問わず適用可能。ネットワーク環境や運用状況にあわせた最適な検疫ネットワークシステムが構築できる。

iNetSec Inspection Centerのまとめ
用途と機能パッチの未適用機器を早期に発見、標的型攻撃にも対応可能な検疫ソフト
特徴Windowsセキュリティパッチの適用状況、ウイルス対策ソフトのパターンファイルアップデート状況、Microsoft Officeのセキュリティパッチ適用状況、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Javaのパッチ適用状況などを検査する
導入企業シーイーシー、東海大学 高輪キャンパス、日本ユニシスなど

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan