IoT その他データベース

約2500台の車両に運行管理サービス--安全運転を指導、最適ルートを見直し

配置役販売などを展開する富士薬品は約2500台の車両を保有。社有車の安全管理を含めた運行管理はビジネスに直結する課題となっていた。

 富士薬品(さいたま市、従業員数4299人)は配置薬販売やドラッグストア、医療用医薬品の開発、医薬品の製造の4事業を展開。配置薬販売は設立時の1954年から手掛け、全国に299の営業所があり、約350万軒の家庭に販売している(2017年3月末現在)。1992年からドラッグストア事業を開始し、現在は「ドラッグセイムス」を中心に14ブランド、1279店舗が稼働している。

 同社は家庭や企業を訪問するために現在、約2500台の車両を保有。クルマでの移動と配送は、ビジネスの根幹であり、社有車の安全管理を含めた運行管理はビジネスに直結する課題となっていた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約762文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan