セキュリティ

平均的な社員が管理するパスワード数は191--新調査が明かす傾向

平均的な企業の従業員が管理しなければならないパスワードの数は191に上るという。パスワード管理会社LastPassが米国時間11月1日に発表した報告書で明らかになった。

 平均的な企業の従業員が管理しなければならないパスワードの数は191に上るという。パスワード管理会社LastPassが米国時間11月1日に発表した報告書で明らかになった。これは、一般的な業界報告値の7倍に相当する数だ。業界の調査では、平均パスワード数は27とされている。このような実態は、潜在的なセキュリティ上の懸念にもなっている。Verizonの最近の調査でも、過去に確認されたあらゆるデータ侵害の81%が、脆弱性のあるパスワードや再利用あるいは盗難されたパスワードに起因していることが分かっている。

 人々は往々にして、実際に所有しているアカウントの数を過小評価していると、LastPassの報告書は述べている。例えば、マーケティングプロフェッショナルは複数の広告および解析プラットフォームを使用しており、システム管理者は異なるサービスを管理し、営業担当者はデモ用のアカウントを定期的に設定している。

 同報告書によると、従業員250人規模の平均的企業だと、使用中のパスワードの数は全部で4万7750個に上ることが分かった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1352文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan