メール メールセキュリティ

「Gmail」と「G Suite」で迷惑メールを撃退する方法

「Gmail」のユーザーや「G Suite」管理者が迷惑メールを防止するために実行可能な手順を解説する。

 筆者の経験から言うと、迷惑メールについて以下のような会話が交わされることがあまりにも多い。

 顧客:「この人物が私からの迷惑メールを何度も受信している」

 筆者:「その迷惑メールを見せてほしい」

 筆者がそれらの電子メールを開いてヘッダを確認すると、送信者の名前は顧客の名前と一致しているが、送信者の電子メールアドレスは、顧客のアドレスではなく、インターネットサービスプロバイダー(ISP)のアドレスになっていた。

 筆者:「これは実際にはあなたのアカウントから送信されたものではない。(実際の電子メールアドレスはここででは伏せておく)@chartermi.netというアドレスを持つ人物を知っているか」

 顧客:「知っている。それは、われわれがプロジェクトのために雇う人物のアドレスだ」

 筆者:「その人物にパスワードを変更するよう頼んでほしい。その電子メールアカウントが迷惑メールの発信元だ」

 こうした会話を避けるため、本記事では、電子メールのやりとりに関与する各人(電子メール受信者、管理者、電子メール送信者)が迷惑メールを防止するために実行すべき手順を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3610文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan