POS 店舗管理 セールスフォース・ドットコム

Commerce Cloud Store:クラウドベースのPOSを利用できる店舗管理サービス

店舗管理サービス「Commerce Cloud Store」はクラウドベースのPOSが利用可能。タブレットなどでも使え、売り場で顧客とやり取りしながら販売処理を完了できる。オムニチャネルにも活用できる。

Commerce Cloud Storeのポイント

  • POSで販売や返品などを処理、タブレットにも対応
  • 在庫管理や現金管理、配送受付などの店舗業務を管理
  • Commerce Cloud Digitalと連携してオムニチャネルにも対応

Commerce Cloud Storeの製品解説

 セールスフォースの「Commerce Cloud Store」は、「Commerce Cloud Digital」と連携して、実店舗とECでクロスチャネルプロモーションの管理などの機能を共有できる。顧客や商品、価格、注文などのデータを総合的な視点で把握して、実店舗とECの両方で顧客向けのオムニチャネルを作ることができる。

編集部おすすめの関連記事

 中核となるPOSは、販売、返品、交換などの取引を処理する。クラウドベースでリリースや管理、アップグレードは容易に展開できる。ネットワークが停止した時や店舗のネット接続に障害が発生した時には、フェイルオーバーシステムで継続できる。

 POSの機能は、タブレットなどのモバイル端末でも使える。店員は、顧客が買うかどうかを決める売り場で商品をスキャンしたり、在庫を検索したり、取引を完了したりできる。「Einstein Product Recommendations」による洞察を活用することもできる。

 在庫管理や現金管理、配送受付などの店舗業務を管理する機能も利用できる。店長は、店舗のパフォーマンスをダッシュボードでリアルタイムに把握できる。例えば、大売り出しなどで販売個数が増加しているかどうかをすぐに確認できる。

Commerce Cloud Storeのまとめ
用途と機能クラウドベースのPOSを使える店舗管理サービス
特徴タブレットなどでもPOSの機能が使える。Commerce Cloud Digitalと連携して、と連携して、実店舗とECでクロスチャネルプロモーションの管理などの機能を共有できる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]