クライアントセキュリティ PFU

iNetSec SF:マルウェアやパッチ未適用などのリスクを検知した端末を遮断

セキュリティアプライアンス「iNetSec SF」は、リスクがある端末をいち早くネットワークから遮断する。接続を許可していない機器やポリシー違反の機器はネットワークから遮断、管理者に通知する。

iNetSec SFのポイント

  • 未許可の機器やポリシー違反の機器はネットワークから遮断
  • セグメントごとに指定、自動許可するIPアドレスの範囲などを指定
  • Active Directoryと連携してユーザーを認証

iNetSec SFの製品解説

 PFUの「iNetSec SF」は、マルウェアやパッチ未適用端末、禁止アプリケーション仕様端末、資産管理ソフト未導入端末などを検知、ネットワークから遮断するセキュリティアプライアンス製品だ。

編集部おすすめの関連記事

 ネットワークに接続されたすべてのIT機器はエージェントレスで検知、一元管理を可能としている。これにより、ITスキルのない管理者でも簡単にネットワークに接続されている機器を把握できる。接続を許可していない機器やポリシー違反の機器はネットワークから遮断、管理者に通知することが可能だ。

 登録されていないなどの理由で機器が遮断された場合は、その機器から直接利用申請が可能でユーザーや管理者に負担なく危機管理が可能となる。ポリシーはセグメントグループごとの指定や自動許可するIPアドレスの範囲などを指定することも可能。これらの機能により、セキュアなネットワーク構築と容易な管理を両立することが可能となる。

 ネットワークの利用申請時にActive Directoryと連携してユーザーを認証することが可能。最終検知日から一定期間、接続しなかった機器も自動で検出する。長期未接続の定期的に棚卸しすることで機器の不正使用を抑止する。

 オプションライセンスで標的型攻撃対策や脆弱性検査、アプリケーション監視の機能を追加できる。

商品名税別価格備考
製品マネージャー24万円ソフトウェアパッケージ製品
システムに1つ必須
センサ18万円センサにはセグメントライセンスが1つ付与
ラックマウントキット3万5000円ラック搭載するためのオプション
ライセンス追加セグメントライセンス3万5000円~1台のセンサで複数のセグメントを管理する場合に必須
機能追加ライセンス標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメント5万2000円~年間利用ライセンス
追加機能を利用するセグメント数分必要
脆弱性検査セグメント6万円~
アプリケーション監視セグメント9000円~
iNetSec SFのまとめ
用途と機能リスクを検知した端末をネットワークから遮断するアプライアンス
特徴ネットワークに接続されたすべてのIT機器はエージェントレスで検知、一元管理。接続を許可していない機器やポリシー違反の機器はネットワークから遮断、管理者に通知

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan