グループウェア コムチュア

Comture Cloud for Domino:オンプレミスのDominoをIBMのクラウドへ移行

「Comture Cloud for Domino」は、Notes/DominoアプリケーションをIaaS「IBM Bluemix Infrastructure」へ移行。既存環境と情報資産をSaaS環境で継続して利用できる。

Comture Cloud for Dominoのポイント

  • Notes/DominoのアプリケーションをSaaSの形態で継続利用
  • Dominoのプロが最適な提案とサポートを提供
  • メールのクラウド移行など幅広い対応が可能

Comture Cloud for Dominoの製品解説

 コムチュアの「Comture Cloud for Domino」は、利用しているオンプレミスのDominoサーバをIaaS「IBM Bluemix Infrastructure」へ移行する。

編集部おすすめの関連記事

 利用しているNotes/DominoアプリケーションをSaaSの携帯で利用できる。社内でのインフラが不要となり、手軽に拡張できる。Domino全般の運用保守サービスを標準で提供しているため、システム管理コストや運用負荷を削減することが可能だ。

 Notesのメールは「IBM Verse」「IBM Connections Cloud」に移行できる。VerseとDominoはシングルサインオンで認証情報を統一できる。

 ライセンス費用はオンプレミスと比較して低コスト、月額制となるため、コスト削減効果も期待できる。構築事例も豊富にそろっているので最適な移行プランの提案や各種サポートなども充実。モバイルで利用できるクラウドサービスなども活用できるようになる。

Comture Cloud for Dominoのシステムイメージ(出典:コムチュア)
Comture Cloud for Dominoのシステムイメージ(出典:コムチュア)
月額利用価格例(500人利用の場合)
項目税別価格備考
クラウド基盤(Comture Domino for Cloud)4万円×2Dominoクラスタ(冗長化)構成
4コア8スレッド/16Gバイト/2Tバイト程度
Windows Server 2016 スタンダード(McAfee VSEを含む)
MTAサーバ3万円4コア8スレッド/8Gバイト/300Gバイト程度
Red Hat Enterprise Linux64ビット
ネットワーク関連16万2000円Vyatta、VLANなど(無料通信20Tバイト含む)
Dominoライセンス901円×5001ユーザーあたり月額901円
構築移行価格例(500人利用の場合)
項目税別価格備考
Domino構築、データ移行作業450万円Dominoの設定は標準機能のみ。既存環境から移行する
アプリ非互換調査、改修100万円Notes 8.xからNotes 9.0.1への非互換改修
Comture Cloud for Dominoのまとめ
用途と機能オンプレミスで使っているNotes/Dominoアプリケーションをクラウドサービスへ移行。SaaSの携帯で継続利用が可能
特徴クラウドサービスへ移行させることで、利用料金が抑えらえるためコスト削減にも最適。サポートも充実し、モバイル対応も可能だ

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 時事通信が構内PHSをスマートフォンに全面刷新--利便性とコスト対策を同時に実現、カギはクラウド化

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan