BI

BIツールで経営指標を可視化、全社で共有--アラートが上がる前に行動

クルマの査定買い取りサイト「ナビクル」などを運営するエイチームライフスタイル(名古屋市)は経営指標の可視化策としてBIツールを導入。リアルタイムに状況を把握できるようになっている。

 クルマの査定買い取りサイト「ナビクル」やキャッシングカードローン総合検索サイト「ナビナビキャッシング」などを運営するエイチームライフスタイル(名古屋市)は経営指標の可視化に取り組んでいる。各担当者が個別に管理していた数字を1カ所に集めて計算し、その数字を事業部の全メンバーが共有する仕組みを構築した。

 同社は、「放課後ガールズトライブ」「ヴァルキリーコネクト」「ユニゾンリーグ」などを開発するエイチームのグループ会社、2013年8月に設立された。従業員規模は20人でスタートしたが、現在は80人を超える。規模が大きくなるに連れて課題となってきたのが、売り上げなどの経営指標をリアルタイムに把握しづらくなってきたことだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1504文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  3. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  4. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  5. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan