BI

BIツールで経営指標を可視化、全社で共有--アラートが上がる前に行動

クルマの査定買い取りサイト「ナビクル」などを運営するエイチームライフスタイル(名古屋市)は経営指標の可視化策としてBIツールを導入。リアルタイムに状況を把握できるようになっている。

 クルマの査定買い取りサイト「ナビクル」やキャッシングカードローン総合検索サイト「ナビナビキャッシング」などを運営するエイチームライフスタイル(名古屋市)は経営指標の可視化に取り組んでいる。各担当者が個別に管理していた数字を1カ所に集めて計算し、その数字を事業部の全メンバーが共有する仕組みを構築した。

 同社は、「放課後ガールズトライブ」「ヴァルキリーコネクト」「ユニゾンリーグ」などを開発するエイチームのグループ会社、2013年8月に設立された。従業員規模は20人でスタートしたが、現在は80人を超える。規模が大きくなるに連れて課題となってきたのが、売り上げなどの経営指標をリアルタイムに把握しづらくなってきたことだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1504文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan