ECサイト セールスフォース・ドットコム

Commerce Cloud Digital:デジタルチャネルで個人にあった商品の価値を提供

ECサイト向けサービス「Commerce Cloud Digital」は顧客の趣向性や好みの価格帯などによってパーソナライズした情報を提供し、ウェブ、モバイル、SNSなどのチャネルでショッピングでの価値を提案する。

Commerce Cloud Digitalのポイント

  • ニーズを予測し、関連するコンテンツをどこからでも閲覧可能に
  • 地域ごとにあった商品を提案、異なるサービスで同じプロモーション
  • 季節ごとのプロモーションの変更やA/Bテストも容易に展開

Commerce Cloud Digitalの製品解説

 セールスフォース・ドットコムの「Commerce Cloud Digital」は、ウェブやモバイル、SNSなど、全てのデジタルでの顧客接点でパーソナライズされたショッピング体験を提供する。マーケティングやマーチャンダイジング、コンテンツ、プロモーション、カスタマーサービス、フルフィルメント、プレディクティブ インテリジェンスなどの機能を利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 顧客ニーズを予測し、関連性のあるコンテンツをサイト上のどこからでも閲覧可能にすることでコンバージョンを増やすことが可能。地域ごとにあった商品の提案や商品の組み合わせの変更、異なるサービス間で同じプロモーションを提供するといったこともできる。

 商品コンテンツの管理や季節のプロモーションの変更、A/Bテストの実行なども簡単に進められるので顧客に適切なタイミングで適切なオファーを提供し注文額を最大限に伸ばすことが期待できる。

 また、クライアンテリングツールにより、顧客がショッピングを体験するあらゆる場でデジタルコマースの強化が可能。オープンAPIを使うことで独自のカスタマイズも可能だ。

 このほか、新ブランドや新しい地域のサイト稼働を早めることや、スタッフにモバイル端末を持たせることで店舗や在庫などをいち早く確認。売上貢献につなげることもできる。

Commerce Cloud Digitalのまとめ
用途と機能ウェブやモバイル、SNSなど、全てのデジタルでの顧客接点でパーソナライズされたショッピング体験を提供
特徴顧客ニーズを予測し、関連性のあるコンテンツをサイト上のどこからでも閲覧可能にすることでコンバージョンを増やすことが可能。商品コンテンツの管理や季節のプロモーションの変更、A/Bテストの実行なども簡単に進められる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan