ネットワーク

多重化:TCPかHTTP/2か--パフォーマンスをいかに改善するか

少しずつだが普及が進む「HTTP/2」のメリットはどこにあるのか。「TCP」とともに、そのメリットを解説する。

 TCPとHTTP/2の両方を使用することは可能か? もちろん可能です。以下にその仕組みを説明しています。

 HTTP/2への移行によって得られる、パフォーマンス面での大きな優位性のひとつに多重化の多用があります。多重化とは、ひとつのTCP接続を複数のHTTPリクエストや応答に繰り返し使用することを意味します。

 かつて(HTTP/1)は、1組のリクエスト/レスポンスのペアに専用のTCP接続が必要でした。ブラウザにはホストあたりのTCP接続数の上限が設定されており、また今日のウェブサイトは平均して86個かそれ以上のオブジェクトから構成され、そのそれぞれがリクエスト/レスポンスを必要とするため、この以前の仕組みでは転送の遅れが生じます。

 HTTP/1.1では“永続的な”HTTP接続を使用でき、これは多重化(接続を繰り返し使用できる)の先駆けとなるものでしたが、HTTP自体が必要とする同期性(順番に処理すること)の制約が存在しました。したがって前述の80個を超えるオブジェクトに対応するには6〜8個程度の接続を開き、それらを繰り返し使用することになります。

 これはHTTP/2には当てはまりません。HTTP/2は多重化を活用し、また非同期的な(並列して処理する)リクエストが可能なため、必要とされるのはひとつのTCP接続のみです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2825文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]