オフィスソフト

「Excel」でリストを使う--作成を効率化する5つの機能

「Excel」にはリストを作成したり管理したりする方法がいくつもある。ここでは、Excelでリストを操作するのに使え、生産性を上げるのに役立つ5つのツールを解説する。

 「Excel」では、「リスト」という言葉がたくさんの意味を持つ。通常リストと言えば、シートを作成した目的に照らして意味のある項目の列だ。Excelにとってリストは重要なものであり、だからこそ、Excelにはリストを作成したり管理したりする方法がいくつもある。この記事では、Excelでリストを操作するのに使える5つのビルトインツールをレビューしてみる。

 筆者は64ビット版の「Windows 10」で「Excel 2016」(デスクトップ版)を使用しているが、ここで紹介するテクニックは、それ以前のバージョンでも利用できる。自分のデータで作業してもいいし、、「.xls」または「.xlsx」形式のデモファイルをダウンロードしてもいい。ブラウザ版Excelの場合、オートコンプリートはサポートしているが、プルダウンリストには対応していないし、高度なフィルタリング機能も利用できない。また、既存シート内のデータ検証は可能だが、新規リストは作成できない。

1: オートコンプリート

 値をすぐ上のセルからコピーしたければ[Ctrl]+[']を押せばいいが、オートコンプリートを使えばもっと複雑な作業ができる。新しいデータを入力しようとすると、Excelは、以前に同じ列に入力した値と比較して、これから入力されるかもしれない値を予測する。この機能を使うのに何かをする必要はないので、いちばん簡単なリスト作成法だ。図Aを見ると、3つの列すべてでこの機能が使える。試しにB16セルを選択してLouisのlを打ち込んでみよう。Louisが最後に入力されたのは数行上だが、オートコンプリートが入力された文字を認識して値を最後まで入れてくれる。[Enter]を押すだけでタスクは完了だ。オートコンプリートされたくなければ、新しい値を入力し続ければいい。この機能を使うのに必要な条件は、値が連続したセルに入力されていることだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2795文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]