オフィスソフト

「Excel」でリストを使う--作成を効率化する5つの機能

「Excel」にはリストを作成したり管理したりする方法がいくつもある。ここでは、Excelでリストを操作するのに使え、生産性を上げるのに役立つ5つのツールを解説する。

 「Excel」では、「リスト」という言葉がたくさんの意味を持つ。通常リストと言えば、シートを作成した目的に照らして意味のある項目の列だ。Excelにとってリストは重要なものであり、だからこそ、Excelにはリストを作成したり管理したりする方法がいくつもある。この記事では、Excelでリストを操作するのに使える5つのビルトインツールをレビューしてみる。

 筆者は64ビット版の「Windows 10」で「Excel 2016」(デスクトップ版)を使用しているが、ここで紹介するテクニックは、それ以前のバージョンでも利用できる。自分のデータで作業してもいいし、、「.xls」または「.xlsx」形式のデモファイルをダウンロードしてもいい。ブラウザ版Excelの場合、オートコンプリートはサポートしているが、プルダウンリストには対応していないし、高度なフィルタリング機能も利用できない。また、既存シート内のデータ検証は可能だが、新規リストは作成できない。

1: オートコンプリート

 値をすぐ上のセルからコピーしたければ[Ctrl]+[']を押せばいいが、オートコンプリートを使えばもっと複雑な作業ができる。新しいデータを入力しようとすると、Excelは、以前に同じ列に入力した値と比較して、これから入力されるかもしれない値を予測する。この機能を使うのに何かをする必要はないので、いちばん簡単なリスト作成法だ。図Aを見ると、3つの列すべてでこの機能が使える。試しにB16セルを選択してLouisのlを打ち込んでみよう。Louisが最後に入力されたのは数行上だが、オートコンプリートが入力された文字を認識して値を最後まで入れてくれる。[Enter]を押すだけでタスクは完了だ。オートコンプリートされたくなければ、新しい値を入力し続ければいい。この機能を使うのに必要な条件は、値が連続したセルに入力されていることだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2795文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan