PaaS サイボウズ

PaaS「kintone」に認定資格制度、業務改善スキルを可視化

サイボウズはPaaS「kintone」を使った業務改善に必要な基礎知識やアプリケーションのデザインスキル、カスタマイズスキルの保有を証明する認定資格制度を開設した。

 サイボウズはPaaS「kintone」を使った業務改善に必要な基礎知識やアプリケーションのデザインスキル、カスタマイズスキルの保有を証明する「kintone認定資格制度」を11月8日に開設した。2018年度までに受験者数を1100人、合格者300人を目標としている。

 kintoneは普及が進んでいるが、「kintoneを活用すると自分で業務を改善できる」といった認識が業務部門で広がっているという。だが、自分のスキルが果たしてどのレベルなのか、どのぐらい業務改善に役立つのか、明確な基準はなかった。

 今回、認定資格制度を設けることでアプリケーションの開発者にとって自分のスキルを可視化することで、スキル向上を目指せる仕組みを構築したと意義を解説している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約999文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan