AI・機械学習 開発ツール 開発支援

セールスフォース「myEinstein」--AI利用アプリをポイント&クリックで開発可能に

セールスフォースの「myEinstein」は、手動でのコーディングの代わりに、ポイント&クリック方式でAIと機械学習をアプリに組み込むことを可能にする。

 サンフランシスコで開催の「Dreamforce 2017」カンファレンスの主なテーマの1つに、ローコード開発がある。Salesforceがアピールする同社プラットフォーム全体にわたる今回のアップデートは、開発者以外でもアプリやサービスを容易に構築できるようにするというものだ。

 今回の動きのなかで最大の影響を及ぼす可能性は人工知能(AI)にある。Salesforceが同社のプラットフォーム「Einstein」に導入した新たな機能性とは、ローコードのオーケストレーションと機械学習との組み合わせを一段と進化させるものだ。「myEinstein」を使えば、手動でのコーディングの代わりに、ポイント&クリック方式でAIと機械学習をアプリに組み込むことが可能だ。

 Salesforceのプレスリリースで、Einstein担当ゼネラルマネージャーを務めるJohn Ball氏は、同社が「管理者と開発者が、あらゆるプロセスや顧客とのやりとりをよりインテリジェントなものに変換できるようにすることで、AIの民主化を進めている」と述べた。Ball氏はまた、ユーザーがあらかじめ組み込まれたAIアプリにアクセスできるだけでなく、独自にカスタマイズすることも可能になると、同リリースで述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1660文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]